登録配管基幹技能者

登録配管基幹技能者

3名

基幹技能者(きかんぎのうしゃ)は日本の建設業において現場の技術者と技能者の中間に位置する者の能力を認定する民間資格認定制度で認定された者。
国土交通省の提唱により、建設現場での生産性の向上などを目指して各職種の業界団体などで認定を行っている。2007年(平成19年)3月31日現在19職種26団体で、22,754名が基幹技能者として認定されている。

1級管工事施工管理技士

1級管工事施工管理技士

建設業法により特定建設業の営業所に置かなければならない専任の技術者や、工事現場ごとに置かなければならない主任技術者および監理技術者になることができる。監理技術者であり続けるためには更新が必要である。
管工事施工管理技士(かんこうじせこうかんりぎし)は、施工管理技士国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。 施工管理技士の区分は1級、2級であるので表記に注意する必要がある。(建築士は一級、構造設計一級、設備設計一級、二級、木造の区分である。)
国家試験は年1回実施される(実施は財団法人全国建設研修センター)。この検定に合格したものが施工管理技士と称することが許される。携帯できる免許証のようなものはない。
平成21年度の1級管工事施工管理技士の最終合格率(一次合格率30.2%×二次合格率62.8%)は18.9%であった。
建設業のうち冷暖房設備工事、空調設備工事、給排水・給湯設備工事、ダクト工事、浄化槽工事、ガス配管工事、衛生設備工事などの管工事において、施工計画を作成し、工程管理、品質管理、安全管理等の業務を行う。

2級管工事施工管理技士

2級管工事施工管理技士

6名

建設業法による一般建設業の営業所の専任技術者や、工事現場における主任技術者となることができる。

1級配管技能士

1級配管技能士

5名

配管技能士(はいかんぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県知事(問題作成等は中央職業能力開発協会、試験の実施等は都道府県職業能力開発協会)が実施する、配管に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。 なお職業能力開発促進法により、配管技能士資格を持っていないものが配管技能士と称することは禁じられている。

消防設備士(甲種第一類)

消防設備士(甲種第一類)

1名

消防設備士(しょうぼうせつびし、英: Fire Defense Equipment Officer)は、消火器やスプリンクラー設備などの消火設備、自動火災報知設備などの警報設備、救助袋などの避難設備の設置工事、点検整備を行うことができる日本の国家資格である。消防法を設置根拠とする。資格取得のための試験は都道府県知事の委託を受けた財団法人消防試験研究センター(各都道府県支部)が実施する。消防設備士の資格保有を証明するために都道府県知事から交付される公文書を消防設備士免状という。実際の消防設備士免状の交付事務は都道府県知事より財団法人消防試験研究センターに委託されており、各県の消防設備士免状の作成は消防試験研究センターの本部でおこなっている。
1965年(昭和40年)5月の消防法の一部改正により、消防用設備の工事又は整備は消防設備士でなければ行えないよう規定され、1966年(昭和41年)10月から資格制度が発足した。

東京都水道局責任技術者

東京都水道局責任技術者 給水装置主任技術者

1名

雇用管理責任者講習

雇用管理責任者講習

1名